メニューを開く 検索 ログイン

認知症の遠因となる虫歯菌S. mutans

脳内出血と深く関連

2021年07月07日 18:37

24名の医師が参考になったと回答 

 ヒトの遺伝子数は2万~2万5,000個とされるのに対し、ヒトに生息する細菌の遺伝子は330万個に上ると推計され、桁違いに多い。そのため、循環器疾患を紐解く上で細菌の研究は重要だと考えられる。国立循環器病研究センター病院脳神経内科部長の猪原匡史氏は、齲蝕原性細菌(通称、虫歯菌)のうち、と脳内の微小出血に関するこれまでの知見を第21回日本抗加齢医学会(6月25~27日、ウェブ併催)で発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  認知症の遠因となる虫歯菌S. mutans

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで