メニューを開く 検索 ログイン

コロナウイルスのデルタ株とデルタ亜系統株の共存事例確認

2021年08月06日 18:10

2名の医師が参考になったと回答 

 東京医科歯科大学の研究グループは8月5日、2021年5月上旬~7月上旬に同学病院に入院または通院歴のある新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者からインド変異型(デルタ株)の市中感染例の増加に加え、デルタ株に感染した複数の患者からデルタ亜系統株(AY.3 系統)の市中感染事例を確認したと発表した。

 デルタ亜系統株の主要流行国は現時点では米国と英国とされる。感染・伝播性およびワクチンなどへの影響に関する知見は得られていないが、世界保健機関(WHO)および国立感染症研究所では「懸念される変異株(VOCs)」 に分類。日本ではこれまでに空港検疫で1件確認されていたが、市中感染事例は確認されていなかった。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  コロナウイルスのデルタ株とデルタ亜系統株の共存事例確認