メニューを開く 検索 ログイン

3D解析で外反母趾の発生メカニズムを解明

2022年04月20日 05:05

6名の医師が参考になったと回答 

 外反母趾の発生率は18~65歳で23.0%、65歳以上で35.7%と高率で、男性よりも女性で有病率が高いとされる(13% vs. 30%、J Foot Ankle Res 2010; 3: 21)。しかし、外反母趾の発生メカニズムはいまだ明らかでない。東都大学幕張ヒューマンケア学部臨床工学科教授の山下和彦氏は、自身が開発した足部3D解析システムで外反母趾の発生メカニズムを検討。結果と考察について第14回ITヘルスケア学会(3月5~6日)で発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  3D解析で外反母趾の発生メカニズムを解明