メニューを開く 検索 ログイン

コロナ患者へのレムデシビル、最終結果が発表

WHO連帯治験

2022年05月19日 15:54

91名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する既存の抗ウイルス薬4剤の転用を検討する連帯治験(WHO Solidarity Trial)を2020年3月から実施し、昨年(2021年)の中間報告においてレムデシビル以外の3剤(ヒドロキシクロロキン、ロピナビル/リトナビル配合剤、インターフェロンβ-1a)については無効と結論つけている(新型コロナ治療薬4剤、有効性示さず)。このたび、レムデシビルに関する最終解析の結果をLancet2022年5月2日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ患者へのレムデシビル、最終結果が発表