メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  小児 »  遠隔在宅ケアへ移行で小児の入院期間が短縮

遠隔在宅ケアへ移行で小児の入院期間が短縮

早期退院に寄与する遠隔診療機器「TytoCare」の有用性

2024年07月09日 18:22

138名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 社会的・地理的な障害を克服し、医療アクセスの格差を埋める手段として急速に普及しつつある遠隔診療。小児医療においても、デジタル技術を活用し、在宅ケアと病院サービスを結び付ける在宅病院システムの臨床導入が求められている。イタリア・University of MilanのGianvincenzo Zuccotti氏らは、小児の入院患者を対象に早期退院を目的として遠隔診療機器TytoCareを用いた遠隔在宅ケアへの移行プログラムの有効性について検証する非盲検ランダム化パイロット試験を実施。遠隔在宅ケアでも入院治療と同等に完治を達成でき、入院期間が短縮されたとChildren(2024; 11: 683)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

普段、どんな時に運動を心がけていますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  小児 »  遠隔在宅ケアへ移行で小児の入院期間が短縮