メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  冠動脈疾患では制御性/エフェクターT細胞比が低下

Circulation Journal Circulation Journal

2014. No.12の注目論文 日本循環器学会発行誌の注目論文を同誌編集長がpick up

Editor's Comment

 動脈硬化の成因における免疫機序の関与が注目されてきています。本研究は,冠動脈疾患患者の末梢血において制御性T細胞や制御性/エフェクターT細胞比が低下していることを初めて示した,インパクトのある重要な臨床研究です。

東北大学循環器内科 教授
Circ J 編集長 下川 宏明氏

冠動脈疾患では制御性/エフェクターT細胞比が低下

 2014年12月25日 15:52

 ヒトおよびマウスの動脈硬化による慢性炎症には,先天免疫に加えて,T細胞を介する獲得免疫応答が重要な役割を果たすことが知られている。制御性T細胞(Treg)は動脈硬化に保護的に働くことが実験的に確認されているが,ヒトの冠動脈疾患(CAD)発症機序にTregがどのように関与するのかは分かっていない。神戸大学循環器内科の江本拓央氏らは,ヒトTregを正確に同定するための最新の手法を用いて,安定CAD患者の末梢血T細胞を解析。健康人を対照として比較すると,CAD患者ではTreg,および制御性T細胞/エフェクターT細胞(Treg/Teff)比が有意に低下していることをCirc J(2014;78:2935-2941)に報告。これらの所見は,CAD患者における免疫のアンバランス状態を反映したものと考えられるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  冠動脈疾患では制御性/エフェクターT細胞比が低下

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10037406 有効期限:10月末まで