メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  もはや「医師」と「患者」の関係ではない

編集こぼれ話 編集こぼれ話

もはや「医師」と「患者」の関係ではない

 2017年09月13日 06:00
プッシュ通知を受取る

 8月20日、オープンダイアローグ創始者のヤーコ・セイックラ、ビルギッタ・アラカレ両氏の講演会を取材しました。医学の世界で「講演会」といえば、データがぎっしり詰まったスライドを映しながら、最新の知見を聴衆に向けて披露するのが一般的です。しかし、この日の「講演会」ではそうしたスライドは使われず、壇上に上がった両氏は日常会話の延長のような「対話」を展開しました。

 「講演」ではなく「対話」−。両氏にとって「情報」とは、伝え手が受け手に一方的に与えるものではなく、コミュニケーションを通して生み出されるものと考えられているのでしょう。そしてそれは、両氏にとっては治療の現場でも同じこと。オープンダイアローグでは、医師と患者は「治療する側−される側」という非対称な関係をやめ、病気の寛解に向けて「共に」歩んでいくことが目指されます。とかく「薬剤を使わない」点ばかりが注目されがちなオープンダイアローグですが、こうした医師と患者の対称性にこそ、その新しさがあるのかもしれません。

 両氏の「対話」の後、客席からの質疑応答は行われませんでした。行われたのは、両氏の「対話」から感じとった思いを、隣の人と「対話」して感想を共有するということ。「伝え手−受け手」「治療する側−される側」という非対称な関係から解放され、「対話」が会場中にまたたくまに広がっていく光景に、精神療法の新たな可能性を垣間見たような気がしました。

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  もはや「医師」と「患者」の関係ではない

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外