メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  CNS Today »  運動合併症状の出現時間短縮を

CNS Today CNS Today

運動合併症状の出現時間短縮を

パーキンソン病進行期の治療

 2017年10月02日 06:50
プッシュ通知を受取る

 パーキンソン病の進行期には、抗パーキンソン病薬の効果持続時間が短縮し、薬物濃度の変動とともに症状が変動する"wearing off"という現象が出現し、不随意(ジスキネジア)も発現しやすくなる。パーキンソン病進行期の治療について順天堂大学大学院神経学教授の服部信孝氏は「近年、抗パーキンソン病薬には新規の経口薬や経腸薬などが導入され、合併症の出現時間を短縮できるようになってきた」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  連載・特集 »  CNS Today »  運動合併症状の出現時間短縮を

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外