メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  間違いだらけの医療経営 »  4つのポイントで解説 2018年診療報酬改定

間違いだらけの医療経営 間違いだらけの医療経営

4つのポイントで解説 2018年診療報酬改定

ハイズ株式会社 田中 利樹、裵 英洙

 2018年03月20日 13:04
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

一見好材料に見えるが・・・

 ついに全貌がほぼ明らかになった。

 第7期医療計画、介護保険事業計画などが同時にスタートすることにより「惑星直列」と呼ばれ、団塊の世代が75歳以上となる2025年以降に向けての大きなターニングポイントになるであろう「2018年度診療報酬・介護報酬同時改定」だ。

 改定率に関しては2018年1月の段階で、

・診療報酬本体 +0.55%

・薬価、材料価格 -1.74%

という方針が明らかになっており、2016年度に続いてマイナス改定となる(図1)。

図1. 診療報酬および薬価基準改定率の推移

(ハイズ作成)

 高齢化や医療費増加など厳しい社会保障情勢の中で、医療機関にとって診療報酬本体部分がプラスとなったことは一見好材料に見えるが、2019年度に予定されている「消費税増税」を考慮すると引き続き厳しい経営状況が見込まれる。

 診療報酬改定には毎回、改定の目的となる「改定の基本的視点」が設定される。今回の改定の基本的視点は図2の通りとなっている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本のサマータイム導入の検討。どう考える?

ホーム »  連載・特集 »  間違いだらけの医療経営 »  4つのポイントで解説 2018年診療報酬改定

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R08513491 有効期限:8月末まで