メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)

 2018年07月09日 06:10
プッシュ通知を受取る

 主要な臨床所見として気管支喘息やアレルギー性鼻炎、好酸球増多が先行し、その後血管炎や神経炎、それに伴う諸症状を生じる全身性壊死性血管炎。原因不明の希少疾患で、厚生労働省が難病に指定している。以前は、アレルギー性肉芽腫性血管炎またはChurg-Strauss症候群と呼ばれていたが、2012年に米・ノースカロライナ州で開催されたチャペルヒル・コンセンサス会議において、抗好中球細胞質抗体関連血管炎の一種としてEGPAに変更された。1990年に米国リウマチ学会が定めた分類基準が普及して以降、典型的な症状を呈した際の診断が遅れることは減ったとされるが、非典型的な症状やステロイド服用中の発症が見られた場合は診断が遅れることもある。また、日常診療で有用なバイオマーカーが存在しないため、診断や管理に難渋するケースも見られる。

■関連記事

喘息などを呈する謎多き血管炎、対応法は

ワンクリックアンケート

10連休中に行われた4年に1度の医学会総会

ランキング

  1. 1

    学会でのSNS活用、日循の狙いとは

  2. 2

    スタチンで大腸がん死リスク低下

  3. 3

    【仲田和正】骨粗鬆症治療薬の使い方

  4. 4

    オキシトシン、反復投与でも効果を確認

  5. 5

    CAR-T療法は「夢の治療法ではない」

  6. 6

    日光浴がアトピー性皮膚炎を予防?

  7. 7

    わずか16分の寝不足で仕事に悪影響

  8. 8

    赤い精液! 患者には衝撃の血精液症,自然史が明らかに

  9. 9

    日本プライマリ・ケア連合学会(10)

  10. 10

    地中海食は食べても太らない?

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    あの難病にメトホルミンが有効?

  2. 2

    高血圧に尿酸降下薬は"推奨できない"

  3. 3

    CAR-T療法は「夢の治療法ではない」

  4. 4

    死を招く食習慣の組み合わせ

  5. 5

    有名なあの鎮痛薬に脳卒中リスク

  6. 6

    迷走するコレステロール・卵論争

  7. 7

    『高血圧治療ガイドライン2019』発表

  8. 8

    アルパカ由来CAR-T療法が有望

  9. 9

    【仲田和正】骨粗鬆症治療薬の使い方

  10. 10

    やはり危険? 市中肺炎にブロード抗菌薬

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R05514906 有効期限:5月末まで