メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  吸入ステロイドは肺がんを減らす

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

吸入ステロイドは肺がんを減らす

大規模COPD患者コホート研究から

 2018年07月17日 09:54
プッシュ通知を受取る

24名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:COPD患者は肺がんリスクが高い

 言うまでもないが、慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者は一般集団と比べると肺がんを発症するリスクが高い(Prim Care Respir J 2014;23:38-45)。これは両疾患とも喫煙によって起こるので当然だが、実は非喫煙者においても肺気腫は肺がんのリスクを高めるとされている(Am J Respir Crit Care Med 2007;176:285-290)。そのため、喫煙歴を問わず、肺気腫は肺がんの独立したリスク因子と考えられている。

 今回取り上げる研究は、大規模COPD患者コホートから肺がんを発症した人を抽出し、後ろ向きにリスク因子を調べたものである(Int J Chron Obstruct Pulmon Dis 2018;13:1833-1839)。前向きでない点には注意しなければならないが、スウェーデンの有名コホートからの研究であるため、一読に値する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  吸入ステロイドは肺がんを減らす

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R10515096 有効期限:10月末まで