メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  注目アレルギー論文 »  教科書には載らないIgE架橋の真実

注目アレルギー論文 注目アレルギー論文

教科書には載らないIgE架橋の真実

帝京大学内科学講座呼吸器・アレルギー学教授 山口正雄

 2018年11月07日 06:20
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 免疫学の教科書では、花粉症などに代表されるⅠ型アレルギー反応に関する項目には必ず、マスト細胞や好塩基球の表面免疫グロブリン(Ig)Eを架橋すると細胞が活性化されて脱顆粒やメディエータ産生が生じると書かれている。しかし、IgE架橋が常にⅠ型アレルギー反応を引き起こすとは限らないという真実を本稿で述べておきたい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

参院選の結果、どんな印象?

ホーム »  連載・特集 »  注目アレルギー論文 »  教科書には載らないIgE架橋の真実

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R07516903 有効期限:7月末まで