メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  脂質は夜つくられる!だから夜食は禁止?

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

脂質は夜つくられる!だから夜食は禁止?

 2019年02月19日 11:52
プッシュ通知を受取る

22名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:時間栄養学という概念がある

 よく「寝しなに物を食べると太りやすい」といった俗説が唱えられており、「なんだー。食べた後に寝なきゃいいんじゃん」といったフレーズのTV宣伝が流れていた時代もあった。確かに、深夜の食事を含めて生活パターンが乱れることにより血糖値が上昇しやすくなったり(Proc Natl Acad Sci U S A 2009;106:4453-4458)、エネルギー消費は変わらない(Obes Res Clin Pract 2011, 5, e220-228)にしてもインスリン分泌が高まるので(Proc Natl Acad Sci U S A 2009, 106, 4453-4458)、太りやすくなったりするであろうことが知られている。時間栄養学という概念が存在するのである。

 しかし、私自身は「好きで深夜に食事をしている人はおらず(まれにはいるかもしれないが)、基本的には誰しも多忙が故に深夜になるまで食事にありつけないだけである。よって、深夜という時間帯を気にしてもっと早い時間に夕食を摂取せよという指導には意味はない。逆に、糖質制限をきちんとし、血糖上昇もインスリン分泌も問題にならないようにしておけば、深夜に食べること自体は気にしなくてもよい」と指導してきた。

 このたび、この私の考えを否定するような、深夜の食事が(糖質制限食が唯一改善を保証できない)LDL-Cの上昇に関わるとの論文が報告された(Nutri Metab Cardiovasc Dis 2019年1月14日オンライン版)。深夜の食事について考察することは、全ての現代人にとって重要であると考え、ご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

参院選の結果、どんな印象?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  脂質は夜つくられる!だから夜食は禁止?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R07518951 有効期限:7月末まで