メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  "最重症の呼吸器疾患"にどう立ち向かう?

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

"最重症の呼吸器疾患"にどう立ち向かう?

特発性肺線維症の急性増悪に対する治療

 2019年03月18日 16:30
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:生存期間中央値は3~4カ月以内

 特発性肺線維症(IPF)の急性増悪(AE)は、呼吸器内科医が遭遇する最重症の呼吸器疾患であり、致死率は極めて高い。ひとたびAE-IPFを発症すると、その生存期間中央値は3~4カ月以内とされている(Am J Respir Crit Care Med 2016;194:265-275)。ステロイドパルス療法などを用いて集中治療を行わなければまず救命できないが、その治療エビデンスは限られているのが現状である。

 極めて重症であることから、ランダム化比較試験を実施するに至らず、国際的なガイドラインでもステロイドパルス療法は弱い推奨にとどまる(Am J Respir Crit Care Med 2011;183:788-824)。トリガーの背景に免疫の暴走という見解もあり、ステロイドパルス療法にシクロホスファミド静注が併用されることがあるが、その追加的効果は長らく不明であった。

 今回、後ろ向き研究ではあるものの、傾向スコアマッチングによりその有効性を検討した貴重な研究結果が報告された(Respirology 2019年2月25日オンライン版)。

 特に膠原病が絡むようなケースでは、シクロホスファミドはよく併用されるが、AE-IPFに関してはまだ議論の余地がある。後ろ向きで比較対照のない探索的な研究(Eur Respir J 2011;38:1487-1489Sarcoidosis Vasc Diffuse Lung Dis 2016 ;33:385-391)において有効性が評価されているものの、到底エビデンスがあると言える状況にない。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

第4次安倍第2次改造内閣発足

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  "最重症の呼吸器疾患"にどう立ち向かう?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R09519488 有効期限:9月末まで