メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する »  薬剤師から見た医療の平成と令和 岩月進

平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する 平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する

薬剤師から見た医療の平成と令和 岩月進

愛知県薬剤師会会長

 2019年05月05日 06:00
プッシュ通知を受取る

平成を彩った3大ニュース

1.医薬分業の進展 

 平成元年(1989年)時に全国平均で11.3%であったの医薬分業率は、平成29年度(2017年度)には72.8%まで伸びた。この30年間に処方箋枚数は、1億3,500万枚から8億枚に増加し、薬局数も約3万6,000軒から約5万9,000軒となった。医薬分業とは、言うまでもなく処方と調剤の分離であり、その本質は、医師と薬剤師のクロスチェックによる処方の監査にある。

 疑義照会率は2~3%程度と各種調査の結果が発表されている。疑義照会による処方変更により適正な薬物治療が実施されたことはもとより、全ての処方箋に対して処方医とは異なる薬剤師の目線での監査が実現したことは、薬物治療の安全性と品質向上という観点から評価されるべきであろう。

 また、処方箋の交付は医師による薬物治療の内容を開示し患者が医薬品名を知る手段となった。インターネットなどによる医薬品情報収集の容易化と相まって、患者自身が薬物治療に関心を持てるようになった点も小さくない効果であった。さらに、薬剤師による服薬指導の実施を通じて、患者と薬剤師間での処方内容に関する情報交換が進んだことも見逃せない。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

第4次安倍第2次改造内閣発足

ホーム »  連載・特集 »  平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する »  薬剤師から見た医療の平成と令和 岩月進

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R09519853 有効期限:9月末まで