メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  COVID-19対策に全自動PCR導入を

寄稿 寄稿

COVID-19対策に全自動PCR導入を

国際医療福祉大学ゲノム医学研究所 田中真生、野本順子、藤井樹、京都敬祐、辻省次

 2020年07月21日 18:10
プッシュ通知を受取る

37名の先生が役に立ったと考えています。

はじめに:格段に少ない日本のPCR検査

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対するポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査の件数について、当初から日本は少ないと指摘されていたが、7月17日現在、100万人当たり4,639件であり、ドイツの8万2,159件、韓国の2万8,112件と比較して格段に少ない。日本でPCR検査件数が増えない背景には、さまざまな要因が複雑に関与していると思われる。ここでは、われわれが2月18日にPCR検査を開始してから現在までの経験を紹介し、今後の日本における新型コロナ感染症(COVID-19)対策としての検査体制の充実に向けた考察を行う。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  COVID-19対策に全自動PCR導入を