メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  コロナ時代のクリニカルパール »  その神経筋症状もコロナの可能性あり

コロナ時代のクリニカルパール コロナ時代のクリニカルパール

その神経筋症状もコロナの可能性あり

岐阜大学大学院脳神経内科学分野 教授 下畑享良

 2021年01月06日 05:05
プッシュ通知を受取る

35名の先生が役に立ったと考えています。

 日本における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、冬季に入ってからも過去最多となる1日の感染者数をたびたび更新している。そのため神経筋症状や合併症を主訴・主徴とする症例に遭遇する可能性は高まっている。本稿では、これまで明らかになったCOVID-19の神経筋症状や合併症について紹介し、見落としによる感染拡大を防ぐための知識を共有することを目的としたい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  コロナ時代のクリニカルパール »  その神経筋症状もコロナの可能性あり