メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  破裂性腹部大動脈瘤に対するrEVARは高齢の重症患者に有効

破裂性腹部大動脈瘤に対するrEVARは高齢の重症患者に有効

多施設共同研究SRAP study

 2015年08月17日 14:51
プッシュ通知を受取る

 破裂性腹部大動脈瘤(rAAA)の従来法(開腹術)による手術成績は長期にわたり不良であったが,緊急ステントグラフト内挿術(rEVAR)導入により,これまで多くの研究で良好な成績が報告された。しかし,最近報告された英国の大規模ランダム化比較試験IMPROVE(BMJ 2014; 348: f7661)では両者の早期死亡率に有意差はなく,rEVARが従来法より優れた標準治療となるにはまだ多くの課題が残されている。湘南鎌倉総合病院大動脈センターの荻野秀光氏は,第43回日本血管外科学会学術総会(6月3〜5日,会長=横浜市立大学市民総合医療センター・心血管センター・井元清隆氏)で「ルールを決めてトレーニングを積めばrEVARも標準治療となりうる。特に高齢で重症の患者に有効」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

薄着の季節に向けて、先生のダイエット方法は?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  破裂性腹部大動脈瘤に対するrEVARは高齢の重症患者に有効

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04023972 有効期限:4月末まで