メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術,深部静脈血栓症の発症リスクも

下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術,深部静脈血栓症の発症リスクも

3カ月のフォローアップが必要

 2015年08月21日 16:05
プッシュ通知を受取る

 下肢静脈瘤に対するレーザー焼灼術(EVLA)やラジオ波焼灼術(RFA)などの血管内焼灼術(EVA)が保険適用となり,必要な手技の取得や合併症の分析などを行うために下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会(JEVLT)が設立された。JEVLTの委員長で福島第一病院心臓血管外科部長の小川智弘氏は,EVA後の合併症についての解析結果を第43回日本血管外科学会学術総会(6月3〜5日,会長=横浜市立大学市民総合医療センター・心血管センター・井元清隆氏)で報告し,「EVA後の合併症ではendovenous heat-induced thrombus(EHIT)から深部静脈血栓症(DVT)に進展する例もあり,3カ月のフォローアップが必要だと考えられる」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

「新御三家」として一世を風靡したスター逝く。西城秀樹の代表曲といえば?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術,深部静脈血栓症の発症リスクも

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P05023988 有効期限:5月末まで