メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  中枢性睡眠時無呼吸用デバイスで心不全患者の死亡リスクが増大

中枢性睡眠時無呼吸用デバイスで心不全患者の死亡リスクが増大

 2015年09月08日 14:51
プッシュ通知を受取る

 Adaptive servo ventilation(ASV)は,持続陽圧呼吸(CPAP)療法と比べ中枢性睡眠時無呼吸(CSA)における有効性が高く,既に臨床使用されている。慢性心不全(CHF)患者にはCSA合併が多く,ASVが心不全予後を改善するとの期待の下,2008年に第IV相試験SERVE-HFが開始された。しかし,今年(2015年)5月,同試験にASV機器を提供するResMed社が,中間解析でASV群の心血管死亡率が高かったことを発表。このほど発表された最終解析でも,全死亡を含めASV群の死亡リスクが増大したことが明らかにされた。詳細は,英・Imperial College London教授のMartin R. Cowie氏らが,欧州心臓病学会(ESC Congress 2015; 8月29~9月2日,ロンドン)とN Engl J Med2015年9月1日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  中枢性睡眠時無呼吸用デバイスで心不全患者の死亡リスクが増大

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12024234 有効期限:12月末まで