メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  ネプリライシン阻害薬+ARBの新規薬が脈圧増大した高齢高血圧患者に有用

ネプリライシン阻害薬+ARBの新規薬が脈圧増大した高齢高血圧患者に有用

欧州心臓病学会

 2015年09月17日 11:47

 生体内においてナトリウム利尿ペプチドやブラジキニンなどの血管作動性ペプチドの分解に働く内因性ネプリライシンに対する阻害は,動脈機能の改善や動脈壁の硬化抑制,交感神経活性抑制などに寄与すると考えられる。英・University College LondonのBryan Williams氏らは,アンジオテンシンⅡ受容体拮抗作用とネプリライシン阻害作用を併せ持つ新規の薬剤LCZ696に関するランダム化比較試験(PARAMETER試験)を実施し,脈圧増大を伴う高齢高血圧患者において,LCZ696はアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)単独に比べてより強力に中心大動脈血行動態を改善することを,欧州心臓病学会(ESC Congress 2015;8月29日~9月2日,ロンドン)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  ネプリライシン阻害薬+ARBの新規薬が脈圧増大した高齢高血圧患者に有用

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10030570 有効期限:10月末まで