メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  薬剤情報 »  SNRIデュロキセチン14週投与で線維筋痛症のQOL改善-国内第Ⅲ相試験

SNRIデュロキセチン14週投与で線維筋痛症のQOL改善-国内第Ⅲ相試験

日本線維筋痛症学会第7回学術集会監修 学会レポート

 2015年10月05日 14:00
プッシュ通知を受取る

 抗うつ薬などとして使用されてきたセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬デュロキセチンは,下行性疼痛抑制系の賦活作用を有することにより,今年(2015年)5月に線維筋痛症の適応が追加された。日本線維筋痛症学会第7回学術集会(10月3~4日,会長=東京医科大学八王子医療センターリウマチ性疾患治療センター教授・岡寛氏)において,国内臨床第Ⅲ相試験(①同薬群のプラセボ群に対する優越性を検討した多施設共同二重盲検群間比較試験②長期継続試験)の結果が発表され,わずか14週の投与でSF-36の下位尺度8項目全てが有意に改善していたことや,50週にわたり鎮痛効果や日常生活動作(ADL)改善効果が継続していたことが報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

朝一のお気に入り飲料は

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  薬剤情報 »  SNRIデュロキセチン14週投与で線維筋痛症のQOL改善-国内第Ⅲ相試験

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08037415 有効期限:8月末まで