メニューを開く 検索を開く ログイン

高強度の運動が子どものメンタルヘルスを改善

第70回日本体力医学会

 2015年10月09日 15:30
プッシュ通知を受取る

 メンタルヘルスに問題を抱える児童・生徒の増加が懸念されている。神戸大学大学院人間発達環境学研究科教授の國土将平氏は,第70回日本体力医学会大会(9月18〜20日,大会長=和歌山県立医科大学リハビリテーション医学教授・田島文博氏)のシンポジウム「子どもとメンタルヘルス」の中で,子供の活動性および楽しみの減退には運動が効果的なことなどを報告した。今回の発表は同学会プロジェクト研究として継続中の「児童期から生徒期における身体活動とメンタルヘルスとの関連性の検討」(研究代表者=同志社大学スポーツ健康科学部教授・石井好二郎氏,2014年4月〜17年3月)の途中経過として報告されたもの。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

一都三県の緊急事態宣言は7日に解除すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  高強度の運動が子どものメンタルヘルスを改善