メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  「100~120回/分の頻度,5cm以上6cm以下の深さ」のCPRを推奨

「100~120回/分の頻度,5cm以上6cm以下の深さ」のCPRを推奨

AHAが改訂GL2015を発表

2015年10月16日 17:00

1名の医師が参考になったと回答 

 米国心臓協会(AHA)は昨日(10月15日)心肺蘇生(CPR)と救急心血管治療のためのガイドライン(GL)改訂版2015を公表した。前回(2010年版)から今回の改訂では,CPRの1分当たりの胸骨圧迫の回数が「100回以上」から「100~120回」に,胸骨圧迫の深さが「5cm以上」から「5cm以上6cm以下」などの推奨が示された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  「100~120回/分の頻度,5cm以上6cm以下の深さ」のCPRを推奨