メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  生体腎ドナー候補の腎不全予測ツール開発

生体腎ドナー候補の腎不全予測ツール開発

 2015年11月20日 12:00
プッシュ通知を受取る

 生体腎移植のドナーとして腎臓を提供することは,低リスクの健康人であれば安全と考えられているが,長期的には末期腎不全(ESRD)リスク上昇の可能性がある。しかし,従来のドナー選定時に総合的な長期リスク評価は実施されていない。米・Chronic Kidney Disease Prognosis ConsortiumのMorgan E. Grams氏らは,ドナー候補者が腎臓を提供しなかった場合の長期ESRDリスクを予測するツールとして,患者背景や健康状態を示す10の因子を組み込んだ計算式を開発し,米国腎臓学会(ASN)のKidney Week 2015(11月3〜8日,サンディエゴ)で報告。詳細はN Engl J Med2015年11月6日オンライン版)にも掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日産・ゴーン会長逮捕

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  生体腎ドナー候補の腎不全予測ツール開発

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11037812 有効期限:11月末まで