メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  リウマチ診療の充実に重要な縁の下の力持ちは誰だ?

リウマチ診療の充実に重要な縁の下の力持ちは誰だ?

臨床リウマチ学会での報告

 2015年11月26日 10:00

 関節リウマチ(RA)は,寛解あるいは低疾患活動性という目標達成に向けた治療〔Treat to Target(T2T)〕を行うべきものとなっている。治療方針の決定には,関節所見を含む総合疾患活動性指標を用いて定期的に評価する必要があり,その構成要素である圧痛関節数,腫脹関節数,患者VAS(Visual Analogue Scale),医師VAS,血液検査による血沈,CRPとともに,少なくとも1年ごとの関節X線所見の確認が求められる。このようなT2Tに基づくRA診療を実践するためにはメディカルスタッフの協力が重要である。富山大学附属病院整形外科・リハビリテーション部診療教授の松下功氏は,医療クラークの診療補助によりT2T実践率と寛解/低疾患活動性達成率が飛躍的に向上したと第30回日本臨床リウマチ学会(11月21~22日,会長=近畿大学医学部奈良病院整形外科・リウマチ科教授・宗圓聰氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  リウマチ診療の充実に重要な縁の下の力持ちは誰だ?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037880 有効期限:10月末まで