メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  睡眠時無呼吸症に対するCPAPとMAD,降圧効果あれど差はなし

睡眠時無呼吸症に対するCPAPとMAD,降圧効果あれど差はなし

2015年12月16日 17:00

5名の医師が参考になったと回答 

 スイス・University Hospital ZurichのMalcolm Kohler氏らは,閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)患者において持続陽圧呼吸療法(CPAP)と下顎前方固定装置(MAD)使用による血圧への影響を検討した51件のランダム化比較試験(RCT)のメタ解析を実施。いずれの治療法でも同等の降圧効果が得られたことをJAMA(2015; 314: 2280-2293)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  睡眠時無呼吸症に対するCPAPとMAD,降圧効果あれど差はなし