メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  睡眠時無呼吸症に対するCPAPとMAD,降圧効果あれど差はなし

睡眠時無呼吸症に対するCPAPとMAD,降圧効果あれど差はなし

 2015年12月16日 17:00
プッシュ通知を受取る

 スイス・University Hospital ZurichのMalcolm Kohler氏らは,閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)患者において持続陽圧呼吸療法(CPAP)と下顎前方固定装置(MAD)使用による血圧への影響を検討した51件のランダム化比較試験(RCT)のメタ解析を実施。いずれの治療法でも同等の降圧効果が得られたことをJAMA(2015; 314: 2280-2293)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  睡眠時無呼吸症に対するCPAPとMAD,降圧効果あれど差はなし

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10038010 有効期限:10月末まで