メニューを開く 検索を開く ログイン

2015年の花粉飛散シーズンの診療動向を探る

舌下免疫療法を処方した医師と患者に聞く

 2015年12月25日 07:10
プッシュ通知を受取る

 スギ花粉症に対する舌下免疫療法が臨床導入されて1年になる。そこで,同療法を実施した経験があるMedical Tribuneウェブ医師会員135人を対象に行った調査〔耳鼻咽喉科,アレルギー科など,調査期間は2015年10月15〜22日〕と,スギ・ヒノキの花粉症患者225人を対象に行った調査(調査期間は10月16〜19日)の結果から,2015年春の花粉飛散シーズンにおける症状や,喘息など他のアレルギー疾患合併例の症状の特徴,花粉症診療のエキスパートが実践する経口薬,点鼻(鼻噴霧用)薬,点眼薬を用いた治療の在り方,患者と医師それぞれに聞いた花粉防御策の実際などについて探った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  薬剤情報 »  2015年の花粉飛散シーズンの診療動向を探る