メニューを開く 検索を開く ログイン

NSAID起因性消化管傷害の治療と予防

 2016年04月12日 06:55
プッシュ通知を受取る

加藤氏 非ステロイド抗炎症薬(NSAID)は,直接的および間接的機序により消化管の粘膜傷害を引き起こす。同傷害の症状は多彩で,食道から直腸まで全消化管に起こりうる。北海道大学病院光学医療診療部部長の加藤元嗣氏に,NSAID起因性消化管傷害の発症機序,上部および下部消化管の治療と予防について解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  NSAID起因性消化管傷害の治療と予防

error in template: found but mtif was expected