メニューを開く 検索

NSAID起因性消化管傷害の治療と予防

2016年04月12日 06:55

2名の医師が参考になったと回答 

加藤氏 非ステロイド抗炎症薬(NSAID)は,直接的および間接的機序により消化管の粘膜傷害を引き起こす。同傷害の症状は多彩で,食道から直腸まで全消化管に起こりうる。北海道大学病院光学医療診療部部長の加藤元嗣氏に,NSAID起因性消化管傷害の発症機序,上部および下部消化管の治療と予防について解説してもらった。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  NSAID起因性消化管傷害の治療と予防