メニューを開く 検索を開く ログイン

水利尿薬が効果的な心不全患者を見極める

 2016年04月19日 07:20
プッシュ通知を受取る

 低ナトリウム(Na)血症は心不全入院患者の予後を規定する独立した因子だ。水利尿薬として知られる経口バソプレシン2受容体拮抗薬トルバプタンはそうした低Na血症を改善しうるが,ランダム化比較試験(RCT)EVERESTでは長期予後改善を示すには至らなかった。同薬の効果がより高い患者層を見極めるため,日本医科大学武蔵小杉病院循環器内科・集中治療室部長の佐藤直樹氏らは多施設共同前向きレジストリ研究(MT FUJI study)を行っている。その概要を,第80回日本循環器学会学術集会(2016年3月18〜20日,会長=東北大学大学院循環器内科学教授・下川宏明氏)で紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  水利尿薬が効果的な心不全患者を見極める