メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 ガイドライン・診断基準へ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

鎮静時小児患者の監視・管理GLが米で改訂

米国小児学会と米国小児歯科学会が合同で

ガイドライン・診断基準 | 2016.07.05 07:05

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images ※画像はイメージです

 米国小児学会(AAP)と米国小児歯科学会(AAPD)は合同で、鎮静時の小児患者の監視・管理に関するガイドライン(GL)を改訂し公表した。MRIをはじめとする診断や小規模な手術など、手術室以外で鎮静が必要な医学的・歯科的処置を受ける小児の数がここ数十年増加傾向にあり、小児患者に対する鎮静の需要は高まる一方であることから、今回の改訂となった。全文はPediatricsJul 2016, 138 e20161212 )で公表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

  1. 1

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  2. 2

    造影剤腎症にデータで対抗する

  3. 3

    ハーボニー偽造品の流通で注意喚起

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    PPIが精子の質に悪影響

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  ガイドライン・診断基準 >  鎮静時小児患者の監視・管理GLが米で改訂