メニューを開く 検索を開く ログイン

「COX-2阻害薬は心血管リスク高い」を否定?

従来NSAIDsへの非劣性示す、PRECISION試験

 2016年11月15日 18:25
プッシュ通知を受取る

米国心臓協会学術集会(AHA 2016)記事一覧

 「心血管リスクが高い変形性関節症(OA)および関節リウマチ(RA)の患者約2万4,000例において、選択的COX-2阻害薬セレコキシブの心血管安全性は、ナプロキセンおよびイブプロフェンに対し非劣性であった」とするPRECISION試験の結果が米国心臓協会学術集会(AHA 2016、11月12~16日、ニューオーリンズ)で発表された。米・Cleveland ClinicのSteven E. Nissen氏が報告した。近年、選択的COX-2阻害薬による心血管リスク上昇への懸念が高まっていたが、セレコキシブの心血管安全性は従来から広く使用されている2種類の非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)と同等であることが示された。詳細はN Engl J Med2016年11月13日オンライン版)にも掲載されている。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

宣言中でも修学旅行を実施する方針。

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  「COX-2阻害薬は心血管リスク高い」を否定?