メニューを開く 検索 ログイン

肝脾腫と血小板減少例はゴーシェ病を考慮

2016年12月08日 07:00

 希少・難治性疾患の1つであるゴーシェ病は、先天性代謝異常症で進行性の疾患だがその治療法は確立しており、患者を早期に発見し治療を開始する意義は大きいとされる。先ごろ東京都内で開かれた「ゴーシェ病メディアラウンドテーブル」(主催:サノフィ)では、東京慈恵会医科大学小児科教授の井田博幸氏が「日常診療で肝脾腫、血小板減少、骨痛などがある患者を診たら、ゴーシェ病を念頭に置いてほしい」と訴えた。また、昭和大学内科学血液内科准教授の原田浩史氏は「ゴーシェ病は血液疾患と症状が類似しているため、診断されず治療を受けていない患者が少なくなく、血液内科医の果たす役割は大きい」と指摘した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  肝脾腫と血小板減少例はゴーシェ病を考慮

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで