メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  学会レポート »  非閉塞性腸間膜虚血の所見とは?

非閉塞性腸間膜虚血の所見とは?

全国31施設対象のアンケート結果報告

 2017年04月27日 07:10

 腸間膜血管に器質的な閉塞が認められないにもかかわらず、その支配領域の腸管に虚血性病変を発症する非閉塞性腸間膜虚血(NOMI)は、特異的な症状が乏しいため早期診断が困難であるが、予後は極めて悪いため、特徴的な所見を把握しておく必要性が高い。東京医科大学茨城医療センター消化器外科主任教授の鈴木修司氏は、第53回日本腹部救急医学会(3月2~3日)で、同学会の評議員が所属する全国の医療機関31施設を対象に実施したNOMIに関するアンケートの結果を検討し、同疾患を診断する手がかりとなるCT所見と予後などについて報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  学会レポート »  非閉塞性腸間膜虚血の所見とは?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10507083 有効期限:10月末まで