メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

非閉塞性腸間膜虚血の所見とは?

全国31施設対象のアンケート結果報告

 2017年04月27日 07:10
プッシュ通知を受取る

 腸間膜血管に器質的な閉塞が認められないにもかかわらず、その支配領域の腸管に虚血性病変を発症する非閉塞性腸間膜虚血(NOMI)は、特異的な症状が乏しいため早期診断が困難であるが、予後は極めて悪いため、特徴的な所見を把握しておく必要性が高い。東京医科大学茨城医療センター消化器外科主任教授の鈴木修司氏は、第53回日本腹部救急医学会(3月2~3日)で、同学会の評議員が所属する全国の医療機関31施設を対象に実施したNOMIに関するアンケートの結果を検討し、同疾患を診断する手がかりとなるCT所見と予後などについて報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  非閉塞性腸間膜虚血の所見とは?

error in template: found but mtif was expected