メニューを開く 検索 ログイン

「小児緑内障」に初の診断基準

緑内障診療ガイドラインが今秋改訂

 2017年05月10日 07:10
プッシュ通知を受取る

 日本緑内障学会が作成している『緑内障診療ガイドライン』が4年ぶりに改訂されることとなり、現在その改訂作業が進められている。第121回日本眼科学会(4月6~9日)では、金沢大学眼科学教授でガイドライン委員会副委員長の杉山和久氏が、同ガイドライン改訂版(案)の特に「小児緑内障」に関する変更点を報告した...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  「小児緑内障」に初の診断基準