メニューを開く 検索を開く ログイン

震災による避難の長期化でCKD発症リスク1.5倍

 2017年06月13日 07:00
プッシュ通知を受取る

 第60回日本腎臓学会(JSN 2017、5月26~28日)において、東日本大震災による長期的な避難生活が慢性腎臓病(CKD)の新規発症の独立したリスク因子になる可能性が示された。報告した福島県立医科大学腎臓高血圧内科准教授の林義満氏らによると、避難区域の住民におけるCKD発症率は、避難区域外の被災住民に比べ、約1.5倍高いことが分かったという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  震災による避難の長期化でCKD発症リスク1.5倍

error in template: found but mtif was expected