メニューを開く 検索を開く ログイン

「いつかは禁煙したい」人への支援法とは

「健康増進」の視点以外のアプローチを

 2017年06月29日 08:45
プッシュ通知を受取る

 労働安全衛生法の改正により、2015年6月1日から職場における受動喫煙防止対策が事業者の努力義務となった。多くの事業所では、改正以前から喫煙に対する取り組みがなされているが、近年喫煙率の低下は鈍化している。浜松医科大学健康社会医学講座准教授の中村美詠子氏は、喫煙者の心理面〔Health Locus of Control(HLC)〕に着目した新たな禁煙支援の取り組みについて第90回日本産業衛生学会(5月11〜13日)で報告。「いつかは禁煙したいと考えている人に対する禁煙支援は、インセンティブや環境対策など健康以外の側面からのアプローチが重要であると示唆された」と述べた。〔読み解くためのキーワード:Health Locus of Control(HLC)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  「いつかは禁煙したい」人への支援法とは

error in template: found but mtif was expected