メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  多忙のバス運転手向けSAS対策示す

多忙のバス運転手向けSAS対策示す

SASハイリスク者の受診の手間を減らし、治療へ

2017年08月31日 06:15

 2002年に施行された改正道路運送法に伴い、乗合バスの需給調整規制が廃止されるなどの規制緩和の影響を受け、バス運転手が不足し過重労働を余儀なくされる傾向にある。高知大学環境医学教室の野上祥子氏は、自身が嘱託産業医を務めるバス運行会社における、バス運転手の睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策とその重要性について説明し、受診回数を減らし手間を省く工夫などを第90回日本産業衛生学会(5月11~13日)で紹介した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  多忙のバス運転手向けSAS対策示す