メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  果物、野菜は心血管疾患の予防に直結せず

欧州心臓病学会2017

果物、野菜は心血管疾患の予防に直結せず

死亡率低下には一定の効果・大規模前向きコホート研究PURE

 2017年09月01日 06:05
プッシュ通知を受取る

 果物・野菜・豆類の摂取量が心血管疾患(CVD)罹患率や全死亡率の低下に影響するかどうかを検討した大規模前向きコホート研究PUREの主要結果をカナダ・McMaster UniversityのAndrew Mente氏が欧州心臓病学会(ESC 2017、8月26~30日、バルセロナ)で報告した。「果物・野菜・豆類の摂取は死亡率の低下と関連が認められたが、CVDリスクの低下との有意な関連は認められなかった」と述べた。詳細はLancet Glob Health2016;4:e695-703)にも掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

春の学会シーズン。一番の楽しみは?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  果物、野菜は心血管疾患の予防に直結せず

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04510568 有効期限:4月末まで