メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

当直を宿直扱い、実態と乖離する勤務環境

四病院団体協議会・宿日直の許可基準は非現実的

 2017年12月26日 06:15
プッシュ通知を受取る

 四病院団体協議会(通称四病協:日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会)の「病院医師の働き方検討委員会」(以下、同検討委員会)は、今年(2017年)5~10月に4回の委員会を開き、医師の働き方や労働環境について検討を重ねた。検討項目のうち宿日直について、当直※1であるにもかかわらず実際には宿直※2として取り扱われており、同検討委員会は「現行の宿日直の許可基準は現実と乖離している」との認識を示していることが分かった。同検討委員会委員長で日本病院会副会長、済生会福岡医療福祉センター総長の岡留健一郎氏が、第79回日本臨床外科学会(11月23~25日)で報告した。(関連記事:「【キーワード】(医師の)働き方改革」)

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  医療制度 »  当直を宿直扱い、実態と乖離する勤務環境