メニューを開く 検索 ログイン

慢性疾患予防のための閉経後HRTは推奨せず

USPSTFが2012年版推奨を継続

2018年01月10日 06:20

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国予防医療サービス対策委員会(USPSTF)は、2012年に公表した閉経後女性における慢性疾患の一次予防を目的とするホルモン補充療法(HRT)に関する推奨ステートメントの2017年改訂版をJAMA2017; 318: 2224-2233)で発表した。2012年版の推奨を継続し、この目的でのHRTを推奨しないとした(推奨レベルD、中等度の確実性)。更年期障害の予防または治療を目的とするHRT、早発閉経または外科的閉経の女性はステートメントの対象外となっている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  慢性疾患予防のための閉経後HRTは推奨せず

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD512216 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外