メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  ピオグリタゾン使用で糖尿病患者の痛風減少

ピオグリタゾン使用で糖尿病患者の痛風減少

【海外短報】

 2018年01月17日 06:20
プッシュ通知を受取る

 インスリン抵抗性改善薬のピオグリタゾンを使用している糖尿病患者は非使用患者に比べ痛風の発症率が低いと、台湾と米国のグループがRheuma­tologyの1月号に発表した。

 糖尿病患者の痛風有病率が高まっている。同グループは、台湾の国民健康保険プログラムのデータを用いて、糖尿病患者のピオグリタゾン使用による痛風発症への影響を検討した。

 解析対象はピオグリタゾン使用糖尿病患者3万100例、および各使用患者と年齢および性が一致するピオグリタゾン非使用の糖尿病患者3例ずつを対照としてランダムに選出した。

 解析の結果、ピオグリタゾン使用群は対照群に比べ痛風の発症率が有意に低かった〔全体の補正ハザード比(aHR)0.81(95%CI 0.78~0.85)、男性のaHR 0.80(同0.75~0.85)、女性のaHR 0.83(同0.78~0.88)〕。年齢別(40歳未満、40~59歳、60歳以上)の解析では、ピオグリタゾン使用群の痛風発症率は40~59歳(aHR 0.78、95%CI 0.78~0.83)と60歳以上(同0.85、0.80~0.91)で非使用群に比べ有意に低かった。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

選挙カー、公職選挙法では病院周辺は静穏保持

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  ピオグリタゾン使用で糖尿病患者の痛風減少

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07512371 有効期限:7月末まで