メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

昆布だしの「うま味」でドライマウス改善

 2018年01月29日 06:15
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 近年わが国で患者数が増えているとされる味覚障害。原因の1つに唾液分泌量の低下(ドライマウス)があるが、その診断や治療は医科・歯科ともに普及しているとはいえない。東北大学大学院歯学研究科口腔診断学分野教授の笹野高嗣氏は、ドライマウス患者の特徴や診断、さらに「うま味」の持つ唾液分泌促進作用を活用した独自の治療法について、第21回日本病態栄養学会(1月12~14日)で報告した。(読み解くためのキーワード:ドライマウスうま味

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  昆布だしの「うま味」でドライマウス改善

error in template: found but mtif was expected