メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ストレスチェック、集団分析で職場改善

企業の“健康経営”にも寄与

 2018年02月20日 17:45
プッシュ通知を受取る

 2015年12月に労働安全衛生法が改正され、常時50人以上の労働者を雇用する事業場では年1回、労働者に対するストレスチェックの実施が義務付けられた(関連記事「ストレスチェックで職場は活性化できる」)。改正法の施行から2年以上経過した現在、各事業場ではストレスチェックの活用に向けた模索が続いている。大同特殊鋼統括産業医で産業医科大学産業衛生教授の斉藤政彦氏は、ストレスチェック制度の課題や活用法について第46回日本総合健診医学会(1月26~27日)で説明。労働者個人への対応だけでなく、集団分析結果を基に職場環境の改善を行い、生産性の向上を通じて"健康経営"につなげるべきであるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  健康・公衆衛生 »  ストレスチェック、集団分析で職場改善