メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  高齢患者で5人に1人が薬物相互作用リスク

高齢患者で5人に1人が薬物相互作用リスク

米・てんかん患者に関するメディケア請求データの解析

 2018年02月21日 17:10
プッシュ通知を受取る

 てんかん治療の主体は薬物療法であるが、患者の状況によっては多剤併用療法が行われ、薬物相互作用リスクが高まり、有害事象が発現することもある。米・Emory UniversityのEdward Faught氏らは、同国のメディケア請求データを用いて、67歳以上の高齢てんかん患者における抗てんかん薬(AED)およびそれ以外の薬剤(NED)の処方実態を調査・分析。少なくとも5人に1人が薬物相互作用のリスクを抱えていたと、Epilepsia2018年2月7日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本のサマータイム導入の検討。どう考える?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  高齢患者で5人に1人が薬物相互作用リスク

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08513123 有効期限:8月末まで