メニューを開く 検索 ログイン

世界初の花粉症予防アプリを開発

順天堂大の眼科医ら

 2018年02月28日 15:20
プッシュ通知を受取る

 順天堂大学は今月(2018年2月)、花粉症の発症要因の解明と予防の啓発を目的とした世界初のスマートフォン用アプリケーション(アプリ)「アレルサーチ」の無料提供を開始したと発表した。同大学眼科学講座の猪俣武範氏らが研究、開発したもので、ユーザー自身や地域別の花粉症重症度を判定したり、花粉症がQOLや...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

オミクロン株、日本にとって脅威か

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  アレルギー »  世界初の花粉症予防アプリを開発