メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  PCSK9阻害薬で初めて全死亡を有意に低下

PCSK9阻害薬で初めて全死亡を有意に低下

ODYSSEY OUTCOMES試験の結果発表

 2018年03月12日 18:50
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 新規脂質低下薬のPCSK9阻害薬、アリロクマブに関する大規模臨床試験(ODYSSEY OUTCOMES試験)の結果が明らかになった。同試験では、急性冠症候群(ACS)の既往がある約1万9,000例に対し、スタチンなどの脂質低下療法にアリロクマブまたはプラセボを併用した群において、冠動脈疾患(CHD)、非致死的心筋梗塞、虚血性脳卒中、入院を要する不安定狭心症のいずれか(MACE)の発生や全死亡などを比較。その結果について、フランス・Bichat HospitalのPhilippe Gabriel Steg氏は「PCSK9阻害薬として初めて、全死亡リスクの有意な低下が示された」と第67回米国心臓病学会年次学術集会(ACC 2018、3月10~12日、オーランド)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今春導入された「妊婦加算」。背景に妊婦の診療を避けたがる医師心理?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  PCSK9阻害薬で初めて全死亡を有意に低下

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09513405 有効期限:9月末まで