メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  人工知能使った大腸がん検査を開発

人工知能使った大腸がん検査を開発

 2018年03月20日 06:10
プッシュ通知を受取る

 東京医科大学などの研究グループは、尿中の代謝産物を人工知能(AI)で解析することにより大腸がんを高精度で検出する検査法を開発した。大腸がんのスクリーニング検査としては便潜血反応が一般的だが、新しい技術が実用化されればより簡便な検査が可能になる。この成果は、Int J Mol Sci2018; 19: E756)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  人工知能使った大腸がん検査を開発

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11513493 有効期限:11月末まで