メニューを開く 検索を開く ログイン

アトピー性皮膚炎は心血管疾患の危険因子

【海外短報】

 2018年06月24日 06:00
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 アトピー性皮膚炎(AD)は心血管疾患(CVD)のリスク上昇と関係し、ADの重症度および活動性が高い患者は特にそのリスクが高いと、英国などのグループがBMJ2018; 361: k1786)に発表した。

 同グループは、1998~2015年の英国のClinical Practice Research DatalinkおよびHospital Episode Statisticsの電子診療録とOffice for National Statisticsのデータを用いて、成人AD患者はCVDリスクが高いか否か、またそのリスクはADの重症度や活動性によって異なるかどうかを検討した。

 対象は、AD患者38万7,439例と年齢、性、受診クリニック、暦年をマッチさせた非ADの対照152万8,477例。全体の登録時の年齢中央値は43歳、女性が66%であった。主要評価項目は心血管転帰〔心筋梗塞(MI)、不安定狭心症、心不全(HF)、心房細動(AF)、脳卒中の発症と心血管死〕とした。

 追跡期間の中央値は5.1年だった。Cox回帰分析の結果、AD群は対照群に比べて非致死的心血管転帰のリスクが10~20%高かった。

 心血管転帰リスクはADの重症度と強い関連を示し、重症患者は対照群に比べて脳卒中リスクが20%、MI、不安定狭心症、AF、心血管死のリスクが40~50%、HFリスクが70%高かった。また、追跡期間の50%超が活動性であった患者も心血管転帰のリスクが高かった。

(編集部)

11名の先生が役に立ったと考えています。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  皮膚 »  アトピー性皮膚炎は心血管疾患の危険因子