メニューを開く 検索を開く ログイン

スタチンの筋有害事象に対策基準示される

 2018年08月03日 06:15
プッシュ通知を受取る

105名の先生が役に立ったと考えています。

 スタチンの服用に伴う有害事象にはさまざまな報告があるが、中でも筋有害事象を呈する例は多く、スタチン不耐と判断される主な理由の1つとなっている。しかし、筋有害事象への対策についてわが国の統一された基準はまだ存在せず、主治医の判断により服薬の中止や減量、再開が行われている。そこで、日本動脈硬化学会ではワーキンググループを結成し、筋有害事象をはじめとするスタチン不耐症例の診療指針作成を進めており、近く発表する。発表に先立ち、慶應義塾大学神経内科の鈴木重明氏は、スタチンによる筋有害事象の現状とその対策について、第50回日本動脈硬化学会(7月12~14日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  スタチンの筋有害事象に対策基準示される

error in template: found but mtif was expected